課題と施術方法|レーザーでニキビ跡を撃退|日本の技術が光る

レーザーでニキビ跡を撃退|日本の技術が光る

女性

課題と施術方法

女性

課題と解決方法

頬のたるみを改善させる治療法が数多く広まっていますが、日本人の場合には西洋人にはない課題があります。それは西洋人は頬骨が低いのに対して、日本人は頬骨が高いのです。そのため、リフトアップ手術を受けてもなかなか張力効果が発揮しにくく、たるみが少ししか改善しないことがあります。また、皮膚を切除するリフトアップ手術を受けると、傷跡は白色なので黄色人種の場合は白人よりも目立ちやすくなります。日本人の頬のたるみを改善させるには、このような課題が常にあります。そこで、近年は糸を使ったフェザーリフトが用いられることが多くなりました。これはとげ状の専用の糸を挿入することで効果的に皮膚を引き上げることができて、日本人であってもたるみが解消されやすいです。

スプリングリフト

フェイスリフトの中でも最新の施術法はスプリングリフトです。これは伸縮性の高い糸を使うことで頬以外のさまざまな部位のたるみを総合的に引き上げることが可能な施術です。通常のフェイスリフトの場合は頬のたるみを改善することはできますが、口周りのたるみには効果が薄いのです。どうせ施術を受けるのであれば他の部位にも影響がある施術が望ましいものです。このようにスプリングリフトが広範囲に効果を発揮するのは挿入する糸に秘密があります。糸に等間隔で突起がありますので皮膚組織に引っかかり、なおかつ溶けない性質もあります。したがって、皮膚組織に刺激を与えてコラーゲンとエラスチンの分泌を促進させて肌質もよくなりますし、効果の持続性も高いです。3年以上は持続します。